IR情報

  1. Home
  2. IR情報
  3. 経営方針
  4. IRポリシー

IRポリシー

IR基本方針

当社は、株主、投資家など市場の皆様をはじめ、すべてのステークホルダーに対し、当社グループへのご理解を深めていただくうえで、企業情報・財務情報を適時性・公平性・正確性・継続性の観点より積極的に開示することを基本方針としております。

  1. 適時性:できるかぎり速やかに開示します。
  2. 公平性:広く公平な開示を心がけます。
  3. 正確性:常に正確な情報の開示に努めます。
  4. 継続性:一度開示した情報は原則として継続して開示します。

情報開示の基準

当社は、金融商品取引法等の関連法令や東京証券取引所の定める規則に則った適時適切な情報開示を行うようにしております。
また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、投資判断に影響を与える事項に関しましては、できる限り積極的に開示いたします。

IR情報の開示方法

有価証券上場規程に基づく適時開示については、金融庁の提供する「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)」、または東京証券取引所の「適時開示情報伝達システム(Timely Disclosure network:TDnet)」を通じて開示し、速やかに当社ホームページに掲載します。
また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、投資判断に影響を与える事項に関しましては、適時開示規則の趣旨を踏まえ、当社ホームページへの掲載等により開示を行います。

IR情報の開示体制

当社は、本IRポリシーを当社グループ全社に浸透させ徹底を図ります。また、当社グループとその社員を金融商品取引法等の法的責任から保護することを目的に、株主、投資家の皆様および証券アナリスト等からのお問い合わせにつきましては、人事総務部を対応窓口とし、代表取締役社長および関係各本部長が連携して対応いたします。

IR情報の沈黙期間

情報開示の公平性を確保し、当社グループの業績に関する重要な情報が、決算発表前に漏洩することを防止するため、IR沈黙期間を設定しております。
当社の「IR情報の沈黙期間」は、各四半期末日の翌日から決算発表までの期間となっております。 この期間中は、決算についてのお問い合わせに対する回答を控えさせていただきます。
ただし、決算発表の2週間前まで、決算に関連しない会社の経営戦略等に限っての取材については対応できる場合もあります。また、当該期間中においても、東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する事象が発生した場合には適宜公表いたします。

アナリストレポート等に関する対応

当社は、証券アナリストの意見・推奨内容に干渉いたしません。
また、レポートや収益モデルについて原則コメントは行いません。ただし、著しい事実誤認や間違いがあれば、その旨指摘することがございます。

将来予測情報の位置付け

当社ホームページに掲載されている業績の見通し、今後の予測等に関わる情報は、掲載時に入手可能な情報に基づいております。
実際の実績等は、当ホームページ掲載の情報と異なる場合がございます。

投資家情報の位置付け

当社ホームページは、株主、投資家の皆様に当社の経営方針、計画、財務状況などの情報をご理解いただくことを目的としており、当社の株式の購入、売却など、投資を勧誘するものではありません。
投資に関する決定は利用者ご自身のご判断において行われますようお願いいたします。